2005年05月10日

これは・・・

ときどきネットから懸賞に応募したりします。
懸賞マニアというわけではないので、目にとまったのに気まぐれに応募する程度なのですが、たまに当たったりします。
でも当たる物は大体が狙っていた物ではなくて、そのおまけ的にラインナップされているものが多いのです。
グラス、フリースマフラー、マウスパッド、ダイエット茶などなど。
そして今回は・・・・
プロテイン!って、これは私にからだを鍛えろと?いうことですか。
たぶん自転車とかスニーカーの類のはずれ当たりだとは思いますが・・・
かなりでかいポリボトルで、どうやら3ヶ月分になるらしい。

これ以上ごつくなってどうするという気もしますが、このところ運動不足してましたんで、これを機会にちょっとトレーニングでもしてみますか・・・
posted by Jack Baldman at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

春はどこへ?

ゴールデンウィークはずっと天気がよかったですね。(今日は雨ですが・・・)
ほとんど半袖で過ごせるくらい暖かかったです。
もうほんと初夏の日和でした。
ところで、春ってどこへ行ってしまったのでしょう?
コートからいきなり半袖って感じがしませんか?

私は暑くもなく寒くもなく、ほんわかした春の陽気が大好きなのです。
ひねもすのたりのたりかな・・・が至福の時間なのです。
それがここ数年は春と秋が短くなってませんかね。
日本の四季の風情はこの先どうなってしまうのでしょう・・・
posted by Jack Baldman at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

暖かい。いや、暑い!

今日はまた一段と暑い!
まだ四月ですよ、まったく。
昼食の買い出しの時に見たご近所のラブラドールなぞは、もうだれきって犬か敷物か分からないくらいにのびてました。
普段は滅多に買わないアイスなぞを買ってしまいましたよ。わたしゃ。

ああ、そろそろ西日とマックの発する熱のせいでじわっと汗が出てきました。
今時分でこの調子ですから、今年の夏もえらいことになりそうです。

しかし、ほんとに異常気象だな〜。こどもの頃は夏ってもっと涼しかったですから。
30度超えたか〜、暑いな〜、なんて言っていたのが、近年は40度ですからね。
いよいよヤバくなってきてます。地球温暖化。
たいしたことは出来ないけど、せめてこの夏は打ち水とベランダの緑化に勤しみみますか・・・
posted by Jack Baldman at 15:51| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

大変な事故ですね。

福知山線の事故、えらいことになってますね。
この事故で犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

JR西日本の会見を見るたび、責任逃れをしようと必死な態度がむかつきますな。
最初は白いワゴン車が原因と言い、(駐車場に止まっている車がどうやったらぶつかるのかね?)それが間違いと分かると今度は置き石ですか。
電車が次々と通るラッシュ時の朝九時に、周囲の目がある中で置き石をしに線路に上がってくる者がいたとしたら絶対に目立つのではないでしょうか。
普通に考えたらありえなくはないですか? JR西日本さん。

乗客の方々は異常な車速の高さと急ブレーキを共通の体験として語っておられる。
そして、急ブレーキの後には一瞬制動が緩んだとも。
車に乗られる方ならもうお気づきでしょう。
おそらくは急ブレーキで車輪がロックし、そのせいでトルクが抜けたのではないでしょうか。
ロックしてトルクが抜けるとブレーキが効かなくなり緩んだように感じるのです。
こういう状態になった車体はコントロールを失い挙動が不安定になります。
コーナーでこの状態になれば、車は曲がることが出来ずに慣性力によって真っ直ぐにすっ飛んでしまいます。
走り屋さんならこいつのせいで山に刺さった経験がある人もいるのでは?
原因としては置き石よりもよっぽどらしいでしょ?

もしかしたら、万に一つの確立で置き石があったのかもしれません。
それでも責任を逃れることは出来ないでしょう?
JR西日本の態度からは誠意が感じ取れないと感じます。
逃避せずに潔く現実を受け止めるべきではないでしょうか。

もう一つむかついたこと。
知ったかぶりのたろうさん、「四時間かかって救出しきれないなんて作業が遅い」などと全国ネットでレスキューの方々を避難しましたね?
現場の状況も分からず、その上にド素人のあなたが、被害者の救出に命がけであたっている彼等に意見するなど、おこがましいとは思われなかったのでしょうか?(それも全くの的外れな)
このかた、こういう発言が多くないですか? 頭がいいのならもう少し考えたコメントをしてくださいな。
posted by Jack Baldman at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

味噌桜柏餅

柏餅をいただいた。少し時期が早いようですが。
見た目は普通の柏餅。ところが包んでいる葉を開いて中を見てみると〜 桜色のお餅が。
ん?桜餅?いやいや、餅米のままではないのでそうではないでしょう。
桜色の柏餅なんて初めて見たな。
こういうのは普通に売られているものなのかな・・・ などと考えつつぱくり。
ン?甘いには甘いが・・・ なんだか記憶にあるこしあんの味と違うような?
これは・・・味噌?!
材料表示にはそんなことは書かれていないな。が、たしかに味噌の味がする。
大豆が使われていると書いてあるのでそのせいか?製造の工程で味噌っぽい味になるとか?
いやね、まずくはないのです。ウ〜ン、なんというか不思議な味。
なんだか新しい味覚体験をしてしまった。
posted by Jack Baldman at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

怒り爆発!大阪市は集団詐欺組織だ!

もはや自浄能力は大阪市にはない。なぜ司法の手が未だ入っていないのか不思議でならない。
カラ残業問題で処分者が出たが、最も重い処分でも賞与15%カット程度。馬鹿にした話じゃないか。
大阪市の市民一人当たりに対する市職員数が横浜市の2倍もいるらしい。つまり、横浜市の2倍の人手があるということになる。もし仮にカラ残業ではなく、ほんとに残業していたとして、それだけの人手があるにもかかわらず残業していたとなれば、大阪市職員は無能の集団ということになる。どちらにしても救いがたいことであろう。

ほかにも・・・本来支払われるべきではない手当削減や、不当なプール金の返還にさえ、いけしゃあしゃあと文句をたれていた恥知らずな市労働組合。
市内小・中・高校に警備を置く費用の市による一部負担の嘆願を、市側は財政難を理由に渋ったという噂も耳にした。つまり、大阪市はこどもたちの安全よりも職員の不当な手当の方が大事だと言ってのけたも同然なのだ。もはや当たり前の人の心さえ持ち合わせてはいないということなのか?!

このような集団を放っておいていいわけがない。大阪市民はまず無能で組合となあなあの市長をリコールするべきだ。司法は大阪市が犯罪集団として犯してきた罪を明るみにし、裁きを加える義務があるのでは無いだろうか。

このような問題は大阪市だけではなく日本のすべての公的機関が内包している問題に違いないはず。
日本はこんなにちっぽけな島国。だから、仮に現在の半分の予算しかなかったとしても、滞りなく運営することが出来るのではないだろうか? 
立法と司法以外は民間で行うべきではないかと思うことがある。もしくは第三者による公的機関を監査するしくみの確立を! いやもう、ほんとにいい加減にせい!
posted by Jack Baldman at 21:36| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

ソフトバンクであってソフトバンクにあらず?

 ライブドアの対抗馬として急遽名乗りを上げたソフトバンク・インベストメント。
別会社であること強調されていますね。孫氏は関係ないよっ。とアピールしています。ほんとに関係がないとは考えにくいとは思いますが・・・
そんでもって北尾さんですか?「フジテレビの買収はしない!」とおっしゃっています。
でもこのかた、M&Aのエキスパートらしいじゃないですか。なかなか食えない人のように見えますね。

 こうなってくると堀江氏が具体的なビジネスプランを提示できないとライブドアはこの件から撤退するしか無くなるかもしれませんね。社会主義か共産主義と見紛うばかりの日本経済構造をほんとの自由経済構造へと変えるためにも、もう一踏ん張りして欲しいところですけどね。
posted by Jack Baldman at 17:07| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛知万博、入場者伸びず?

 愛知万博の入場者が伸び悩んでいるとか。
先週末は冷え込んだのでそのせいもあるのでしょうね。わたしは関西在住なので愛知県はそれほど遠くはないのですが、今のところ行く予定はありません。テレビ中継などを見ていてもあまり行きたいと思わないのです。
70年の万博のときはまだ4歳だったのですが、訪れる日の朝は妙にうきうきしたのを覚えています。
こどもだったわけですから物珍しいものはなんでも楽しそうに思えたのも事実です。
愛知万博にはそんなうきうきした気持ちがわいてこないのです。おとなになったからかもしれません。最新の技術と言われる展示物も情報化社会の中では目新しさも半減ですよね。環境万博と言いつつメカメカしい展示が多い感じがするし・・・ 当初クマタカ(たしか絶滅危惧種)の生息域を開発して会場を作ると聞いていたのですが、結局どうなったのでしょう。もしその通りなら本末転倒って気もします。

 インパクトの薄さもあるような。なにせ前回はバクハツしてましたからね。仕掛けも大掛かりでお祭り感がとても強かったですし。あ、そういえばお祭り広場なんてのがありましたね。

 未完成のパビリオンもあるようですし、いくなら終盤の方が良いのかもしれません。
posted by Jack Baldman at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ソフトバンクか!

 プロ野球新球団騒動のときも一番得したのはソフトバンクだったな〜
一番のやり手は孫氏でしたか。フジテレビはソフトバンクは白馬の騎士だと思っているそうですが、それはどうかなあ・・・

私だったら組むなら堀江氏を選ぶかな。ライブドアとソフトバンクならソフトバンクの方が遥かに怖いよ。いままで古い既得権益をぶっつぶしてきたのは堀江氏より孫氏でしょ。見た目は落ち着いたおじさんでも中身はきっと熱いブルファイターですよ。あんなに大量の株まで貸与し、しかも経営参画権まで与えて。お人好しだな。
ソフトバンクの所有資産を考えるれば、その気にさえなればフジテレビの総株の半分くらいあっというまに買い占められるのでは?

ニッポン放送からソフトバンクへのフジテレビ株の貸与期間は5年だそうですが、それだけの時間があればフジ・サンケイグループはソフトバンク・サンケイグループになってるかも・・・
posted by Jack Baldman at 23:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

インフルエンザ

 参りました。インフルエンザにやられてしまいました。
その上、なんだか忙しくてのんびり寝てもいられません。きついです。
咳、熱、鼻水、関節痛。なのに徹夜・・・・

 今日はみかん酒より、ホットレモンが必要のようです。
posted by Jack Baldman at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

Livedoor VS フジテレビ・ニッポン放送

 ニッポン放送新株予約権の発行差し止めが司法の場で認められましたね。ま、当たり前のことですがね。
こんなことが認められたら日本の株式市場はその存在する意味を失ってしまいますから。海外の投資家などからの信用は失ってしまうでしょうし、他国の企業もそんなことがまかり通る国の企業とは取引したくなくなりますよ。
 
 このようなことを断行しようとしたフジテレビ・ニッポン放送の罪は重いと思います。(あえて罪と言わせてもらいましょう)正直、両社の社長の態度を見ているとジャイアンとスネ夫の関係に見えませんか? 新株予約権はさしづめ『ジャイアンリサイタルチケット』て所でしょうか? そんなもの誰もほしがりませんよね?
「ホリエも〜ん、フジテレビ・ニッポン放送がこんなことするんだよ〜」と他の株主さんが言ったかどうかは知りませんが。
ぱぱぱぱっぱぱ〜!『新株予約権差し止め請求!!』という当然の対策を打ったわけですね。
事実として差し止め請求を新たに出した株主さんがいたようです。堀江氏と関係があるかどうかは定かではないですが、新株が大量に発行されれば確実に株価は下がるはずです。ですからその損失を恐れてこのような行動に至るのは当然のことです。企業のくだらない意地のために大損させられたのではたまったものではありません。

 ほんと、イヤイヤばかりしていないでとっとと話し合いをして、企業としてお互い何が出来るのかを模索し、前向きに事業展開を考えることが経済人としての正しい姿なのではないでしょうかね。
インターネットで両放送局の持っている豊富な素材を活用すれば、とてつもない利益が上がるのは間違いないでしょうから。
posted by Jack Baldman at 21:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

ひどいなあ。

 ネットでいろいろと薄毛、ハゲ対策のことを調べ始めるとひどいサイトも多いことに気付く。
一番多いのがこれ。よく施術前、施術後の写真を載せていたりしますよね、これにバレバレの撮影トリックを使ったものが多い!
施術前の写真はフラッシュを焚いて撮り、施術後の写真は自然光で撮る。フラッシュを使用すればより地肌が強調されて写り、自然光撮影では地肌は写りにくい。こうやって、効き目があって生えたように見せかけているのです。

 こういうセコイ手を使って、いろいろと売りつけようと企んでいるわけだね。中には全然はげていない奴がこの手を使って『成功した!』などとぬかしているサイトがありましたよ。

 扱っている商品に効き目があるかどうかは、個人差があるから一概にいかさまだとは言えないかもしれないけど、少なくともウソはいかんよ、ウソは。人の弱みに付け込んで、ほんと、性根が腐っとるね。
だまされないように気をつけようぜ!
posted by Jack Baldman at 12:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

芋焼酎にブタキムチ

 ここ最近は芋焼酎をいただいております。
もともとお酒は強くないのですが、味は好きなもので。
グラスにロックで軽くいっぱいぐらいが適量かな。
で、今日のつまみはブタキムチです。
薄切り豚肉にキムチを荒めに刻んで,ごま油でさっと炒めて出来上がり。
大根おろしに釜揚げシラスもつけてみました。

辛いアテはすすんでしまいますね。
ついもういっぱい・・・ 

はあ〜、かなり効いてきました。
もうへろへろな感じでしょうか。
ん? 髪によくないのでは?ですと。
うッ。今日のところは聞こえないふりを・・・
posted by Jack Baldman at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

祖父さんの時計

 『一つくらいはいい腕時計を持っていた方がいい。』
昔、誰かに言われた。
皆さんも一度ぐらいは聞かされたことがあるでしょう?
一生ものだし、孫子の代まで使えるよ、と。本当にそうなのか?

答えは・・・・YES

この時計、《ROLEX DATEJAST》
rolex.jpg
十数年前に祖父さんの遺品としてもらったものです。
それから最近までほったらかしにしていました。使用するには年齢的に自分にはまだ早いと思っていたから。しかし、そんな俺ももう40です。そろそろいいかなと思い、引き出しの奥から引っ張りだしました。
ただ、普段に使用するにあたって、精度はどうだろう? 30年以上も前の時計です。何事にも頓着しなかった祖父のことですから、おそらくは購入してから一度も整備などしていないはず。外側は風防も欠けや傷だらけ、ベルトのピンも一本折れていました。
これはいかん。ということで早速整備に出してみたわけです。

 正直驚きました。精度には全く狂いはなく日差+-3秒以内、防水も完璧。油の差し替えだけでOKでした。ほんとに孫の代でも使えたわけです。
たまたま当たりだったという可能性はありますが、それを差し引いても驚きでした。
俺には残念ながらこどもはいません。が、将来にもしも出来たならこの時計と自分がいつか入手する時計とを送ってやれたらと思ってしまいました。
posted by Jack Baldman at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

オヤジになるには10年かかる。

 爆笑問題の番組に秋元康氏が出演されているのを拝見した。
秋本氏曰く、
「オヤジには簡単になれない。オヤジになるには十年かかる」
とおっしゃっていた。
ようするにどういうことかというと、ガキには男なら誰でもなれるがオヤジになるには年月が必要で、そこには人生がある。だからカッコいいんだ。ということらしい。

 う〜ん、だれしもがカッコいいオヤジになれるものではないだろうが、そう見られたいし、実際もそうなりたいものだ。
個人的な理想をいえば、所ジョージさんのようなオヤジから三国連太郎氏のように老成できればかなりカッコいいのではないかな。
posted by Jack Baldman at 07:02 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の中心で薄毛を嘆いた獣・・・

 とりあえず、見切り発車してみました。
覚悟はしていたのです。はい。遺伝子ですからね。
薄くなってきたかなあって思ったときにすっぱりボウズにしてはいたんですよ。
バーコードだの、パーマあてるなどのごまかしはかっこわるいし、カツラも金がかかるばかりでダメダメなのは叔父が身をもって証明してくれたしね。
でもですね、いよいよ薄くなってくるとボウズももうひとつ決まらないのです。
中途半端な毛量はほんとにやっかい・・・・ いっそツルリの方がマシ。
ならば、世にある育毛法とやらを試してみるか!
ボウズがキマル毛量を確保するために。

かといって、お金はかけたくない。
最近流行の発毛・育毛治療って奴はひと財産が軽く吹っ飛ぶ。
市販の育毛剤もなかなか高価だし。
「それくらいでなんだ!」って声も聞こえてきそうですが、
長年の覚悟が代価を納得させないのですよ。
それで、ネットやひとづての口コミの方法を試してみるかって気になったのです。

これから準備を初めてすこしずつ経過を報告していこうかと思います。
ただ、そればかりでは持ちそうもないので・・・
俺の好きなことや物についてなんかも、ぐだぐだと話していこうと思っています。
posted by Jack Baldman at 02:03 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。