2005年11月07日

BJリーグが開幕!って、BJリーグって何?

お、バスケットのプロリーグか。
関西のチームは.....
エベッサ大阪.....って、またこんな名前かい!
マスコットキャラクターがえべっさんて!
どうにかならんのか、このベタなセンス。
だいたいね、えべっさんは商売の神様ちゃうのん?
スポーツチームの名前としてどうよ?
ニュース映像を見る限り、も一つお客も入ってへんみたいやし。

いや、そら入れへんわ。
いま、HPをみたら、一番ええ席で¥5,000-て。
バスケットファンて比較的若い層が主流でしょ?
ちょっと高すぎるのでは?
2階席になると安くなるみたいやから、そこは埋まってたんやろか?

コートサイドはデートにちょいと観に行こか?って額ではないよね。
二人で一万円て、映画見て、お茶して、それなりの夕飯食える額でっせ。
ホームコートがなみはやドーム。交通の便もいまいち。
チームの専用練習場の無いチームは高校の体育館借りて練習してるって?
準備不足やなぁ。

日本て、ほんま、文化、芸術、スポーツ後進国やと思うな。
行政や、企業の考え方がそろばん勘定優先でゆとりっちゅうもんが欠けてる。
たまに、採算の取れへん博物館や美術館は閉鎖してしまえ!なんて乱暴なことを言う、どアホな政治家とかがおるけど、そういった施設が充実してるかどうかというのは、その国の文化レベルの高さを示す指標となるもので、決しておろそかにしてはいけないものなのにね。
地元のゼネコンに金落とす時には(税金やのに)盛大にくれてやるくせになぁ。
こういったスポーツ・文化事業というのは企業や行政が道楽半分くらいの気持ちで、日頃のご愛顧に感謝して消費者、国民の皆様に楽しみを提供する場ではないの? 昔は採算云々は二の次やったのではなかろうか。

BJリーグもファンを増やして盛り上げていくにはどうすればいいのか?をもっと考えるべきやな。
試合を見てもらわんことには話にならへんのやから、一番ええ席で入場料を今の半額くらいにして、まずは客を呼ぶことちゃうか?
すかすかで赤字より、満員で赤字の方が明日に繋がるんとちゃう?
人さえ来てくれれば、グッズとかも売れるやろうし、いい試合を見せればまた来てもらえる。
昔々、ハーレムトロッターズというアメリカの黒人チームが、まだまだ人種差別の激しかった当時に各地で多くの試合を組み、それを通じて観客にプレイをアピールしていったことで人気を博し、今のNBA隆盛の基礎を作ったのだそうな。
その苦労に比べたら、BJリーグはまだ恵まれてるのかもしれない。

えべっさんをマスコットにしてて、繁盛せんかった....ではシャレにもならへん。
がんばってや、エベッサ大阪!
posted by Jack Baldman at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9051277

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。