2005年08月06日

ヒロシマ

今日は広島への原爆投下から60年目の8月6日でした。
犠牲者の皆様にあらためてご冥福をお祈りいたします。

広島、長崎への原爆投下がアメリカの新型爆弾の高価確認のための実験だった事はすでに明らかになっている事で、戦争を終わらせるための戦略であったという言い訳がウソである事はみなさんもご存知の事と思います。
戦争はいつの時代にも虐殺行為を引き起こします。どんなに大義名分を掲げてもその行為に正当性など生まれはしないのです。
日本はひどい事をしたのだから原爆を落とされたのもしょうがないなどと言う人もいますが、これは大きな間違いです。
この論理で行けば北朝鮮やテロ支援国家に対して核の使用を容認する事にもなりかねません。
このような国家は多くの場合、政治体制や支配者に問題があるのであって、市民を虐殺する事には正当性はありません。
そして、核兵器の使用はそんな一般市民の犠牲を強いるだけです。

高校時代、ご両親が広島で被爆された級友がいました。
彼はいつもこう言っていました。
「うちの両親は絶えず原爆症の影におびえている。おれ自身も被爆した両親から生まれた以上、ガンや白血病のリスクは高いと思う。それが怖くてしょうがない」と。
体育会系クラブに所属し、屈強な体を持ち、明るい性格の彼からそのような言葉が漏れた事に少なからず衝撃を覚えたのと同時に、何とも言えない彼の複雑な表情が今も忘れられません。
核は一度使用されてしまえば、その後数十年、いや、それ以上の年月にわたって被爆者を苦しめ続けるのです。
核兵器は決して使われてはならないものなのです。

どの国でもリーダーになった者は一度は広島を、平和記念館を訪れるべきだと思います。
特に訪れる必要のあるいくつかの国のリーダーには是非とも訪れていただきたいな。
posted by Jack Baldman at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。