2005年04月26日

大変な事故ですね。

福知山線の事故、えらいことになってますね。
この事故で犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

JR西日本の会見を見るたび、責任逃れをしようと必死な態度がむかつきますな。
最初は白いワゴン車が原因と言い、(駐車場に止まっている車がどうやったらぶつかるのかね?)それが間違いと分かると今度は置き石ですか。
電車が次々と通るラッシュ時の朝九時に、周囲の目がある中で置き石をしに線路に上がってくる者がいたとしたら絶対に目立つのではないでしょうか。
普通に考えたらありえなくはないですか? JR西日本さん。

乗客の方々は異常な車速の高さと急ブレーキを共通の体験として語っておられる。
そして、急ブレーキの後には一瞬制動が緩んだとも。
車に乗られる方ならもうお気づきでしょう。
おそらくは急ブレーキで車輪がロックし、そのせいでトルクが抜けたのではないでしょうか。
ロックしてトルクが抜けるとブレーキが効かなくなり緩んだように感じるのです。
こういう状態になった車体はコントロールを失い挙動が不安定になります。
コーナーでこの状態になれば、車は曲がることが出来ずに慣性力によって真っ直ぐにすっ飛んでしまいます。
走り屋さんならこいつのせいで山に刺さった経験がある人もいるのでは?
原因としては置き石よりもよっぽどらしいでしょ?

もしかしたら、万に一つの確立で置き石があったのかもしれません。
それでも責任を逃れることは出来ないでしょう?
JR西日本の態度からは誠意が感じ取れないと感じます。
逃避せずに潔く現実を受け止めるべきではないでしょうか。

もう一つむかついたこと。
知ったかぶりのたろうさん、「四時間かかって救出しきれないなんて作業が遅い」などと全国ネットでレスキューの方々を避難しましたね?
現場の状況も分からず、その上にド素人のあなたが、被害者の救出に命がけであたっている彼等に意見するなど、おこがましいとは思われなかったのでしょうか?(それも全くの的外れな)
このかた、こういう発言が多くないですか? 頭がいいのならもう少し考えたコメントをしてくださいな。
posted by Jack Baldman at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとなく検索していて来ちゃいました。

これテレビでさんざん情報聞いてるけど、思うのは結局マスコミもJRも事故はなかった事として処理したいのではないかな?

それが証拠にマスコミは「伊丹でオーバーランして遅れた分を取り戻そうとしてスピードを・・・・」
私に言わせれば、そもそもなぜ伊丹でオーバーランしちまう様な運転やらかしてたのか?なんです。だけどマスコミの報道聞いてる限りでは、そんな事に言及してる奴はどこにもいない。結局マスコミの言いたいのは「オーバーランと脱線とは全くの無関係!」て事でしょう。

JRはJRで「置石の可能性が・・・」仮にも関西人の私が一番よく知ってますが、あの辺りは5分と間隔おかずに次の列車がやってきます。そんなせわしない路線に置石しに行くアホがどこにおんねん!

結局JRとしては過去に何度もバカな事しでかしてくれた社員を雇い続けていた責任を問われる事もイメージダウンによる客離れもしたくないのです。したがって今回の事故はあくまで不慮の事故。仕方の無い事故として処理したいのでしょう。
Posted by ぐろりん at 2005年04月26日 21:09
>ぐろりんさん
コメントありがとうございます。
私も関西人です。大阪、京都、神戸は営業圏でもあり生活圏でもあります。ですからダイヤの過密さはよく知っています。

運転士の資質の問題が問われていますね。もちろん、今回の運転士の責任は大きいと思います。ただ、一連の報道を見る限りでは、彼が特別に資質に欠けていたのかは断定出来ないように思えてきました。
もしかしたら彼のような職員がJR西日本には大勢いるのではないでしょうか? 過密シフトの中、睡眠や休憩を充分に与えずにミスしたら懲罰を加えるという、過酷な労働環境が日常化していたことが伝えられています。そのような中でどの運転士でも起こし得た、起こるべくして起こった事件ではないかと。
現場の状況を無視して過度の運行を強要し続け、ミスがあればすべて現場に押し付ける経営陣の無責任さは嘆かわしい限りです。
そのような責任逃れ体質がありもしない『幻の置き石』説を作り出してもいるのでしょう。幸いにしてこの説は一連の調査や、乗客および目撃者の証言により事故原因から除外されそうですね。よかった。
これでもうJRには逃げ道が無くなりました。じたばたせずにしっかり責任を取ってもらいたい物です。
Posted by Baldman at 2005年04月28日 10:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3167366

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。