2005年03月11日

Livedoor VS フジテレビ・ニッポン放送

 ニッポン放送新株予約権の発行差し止めが司法の場で認められましたね。ま、当たり前のことですがね。
こんなことが認められたら日本の株式市場はその存在する意味を失ってしまいますから。海外の投資家などからの信用は失ってしまうでしょうし、他国の企業もそんなことがまかり通る国の企業とは取引したくなくなりますよ。
 
 このようなことを断行しようとしたフジテレビ・ニッポン放送の罪は重いと思います。(あえて罪と言わせてもらいましょう)正直、両社の社長の態度を見ているとジャイアンとスネ夫の関係に見えませんか? 新株予約権はさしづめ『ジャイアンリサイタルチケット』て所でしょうか? そんなもの誰もほしがりませんよね?
「ホリエも〜ん、フジテレビ・ニッポン放送がこんなことするんだよ〜」と他の株主さんが言ったかどうかは知りませんが。
ぱぱぱぱっぱぱ〜!『新株予約権差し止め請求!!』という当然の対策を打ったわけですね。
事実として差し止め請求を新たに出した株主さんがいたようです。堀江氏と関係があるかどうかは定かではないですが、新株が大量に発行されれば確実に株価は下がるはずです。ですからその損失を恐れてこのような行動に至るのは当然のことです。企業のくだらない意地のために大損させられたのではたまったものではありません。

 ほんと、イヤイヤばかりしていないでとっとと話し合いをして、企業としてお互い何が出来るのかを模索し、前向きに事業展開を考えることが経済人としての正しい姿なのではないでしょうかね。
インターネットで両放送局の持っている豊富な素材を活用すれば、とてつもない利益が上がるのは間違いないでしょうから。
posted by Jack Baldman at 21:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2368084

この記事へのトラックバック

ニッポン放送株問題関連のトラックバックセンター
Excerpt: フジテレビ、ライブドア、鹿内家で揺れ動くニッポン放送株問題に関連するトラックバック ニッポン放送(にっぽんほうそう) 会社概要 業  種:放送法に基づく一般放送事業(AMラジオ放送)ほか..
Weblog: ブログニュース速報@トラックバックセンター
Tracked: 2005-03-13 15:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。