2005年11月02日

京都の空

最近、京都在住の友人が出来て、2〜3ヶ月に一度遊びに行ったりするのですが、この街には高い建物が少なく、空が広く近く感じます。
これは高い建物を建てないように条例で規制されているからなのですが、それだけではなく街が碁盤の目構造になっているため、遠くまで見渡せるので四方を囲む山までが街なかから見えるんですよね。そのせいで因り空が広く感じるのだと思います。
これだけ大きな街でこの風景、他には無いものではないかと思います。
この不思議な感覚もこの街に引きつけられる人が多い一因かも知れませんね。

友人によると京都も随分変わったということです。
確かに子どもの頃、親に連れられてよく訪れていた京都とはイメージが変わったような気もします。が、盛り場を少し離れると記憶の中の京都の風情に出会えたりします。

京都を訪れたらガイドブックに無いところも訪ねてみましょう。
京都迷宮を楽しめます。
でも、あまり迷惑をかけてはいけません。
でないと・・・・・ぶぶ漬けを出されてしまうかも?
posted by Jack Baldman at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。